つわりの酷い時期に何をしたら気が紛れるのか

つわりの酷い時期に何をしたら気が紛れるのか

体調がすぐれない時には、ただひたすら寝ることが私の気の紛らわし方なのでございますが、辛いつわりの時には有効な方法だとは思いません。

昼間沢山睡眠を取ってしまったら今度は夜に全く眠れなくなってしまいます。

そんな不規則な生活をしていたら、お腹の赤ちゃんが真似をしてしまいます。

気を紛らわすのに有効なことは、音楽を聞くことではないでしょうか。

好きな音楽で良いと思います。

お母さんが聞いていることは赤ちゃんも聞いているということでございますから、すべては赤ちゃんのために気分が悪い日であっても、良くする努力はした方が良いと思います。

後は好きな映画をテレビで見るとか、音はお腹の赤ちゃんに届いているのではないかと思います。

酷いつわりの時にこそ、普段のお仕事をゆっくりで良いので最後までやると胎教にも良いのではないかと思います。

普段していないことをやろうとするとストレスになってしまうかもしれませんので、やらない方が良いのではないかと思います。

とにかく自分にストレスを与えては絶対にダメですね。

気の紛らわし方は人それぞれだとは思いますが、何かを一生懸命やっていると、時間はあっという間に過ぎるし、やり遂げた後の充実した気持ちは快感でございます。

つわりの時はスポーツをするわけにはいかないと思いましたが、妊娠前に自分が熱中出来ることがスポーツであったならば、体をいたわりながらやってみるのも良いのではないでしょうか。

仕事が立て込んでいる人も自分以外の人には出来ないと思うのであれば、自分で出来てしまうものでございます。

そしてそういう人は「つわり」もそれ程ひどくないようなことも聞きます。

それは仕事への責任感ややる気が、[つわり]に勝るものであるからでございましょう。

一方、妊娠がわかって退職する人もいるでしょう。

そういう人には熱中できる何かを自分で見つけることが大切ではないでしょうか。

そういったことを見つけられた人なら子育てする時にも良い経験になると思います。

母は強いと言いますが、お母さん次第で赤ちゃんの未来が良いものになれば素敵でございますね。